2005年05月04日

ちょっと多いです

先日大惨事を起こしたJR西日本。
そのJR西日本管内のJR東海道線において1時間半の間に
3件もオーバーランが起こったというニュースを見ました。

正直言って他の会社でも同様に起きているだろうとは思う。
しかしJR西日本があれだけマスコミに叩かれているからこそ
記事になっているのではなかろうか。

ATCやATSはあっても実際に駅に停車する為のブレーキ操作は
人間が行なうことなので、私的には多少の誤差は仕方ないのでは?
はっきり言ってビタ止まりは難しいと思う。
多少の誤差で取上げるのはいかがなものかと思います。
JR西日本を弁護する気はないけど・・・

しかし今回ニュースに出た3件のうち2件は
20メートルオーバーと12メートルオーバー。
これについては弁解の余地はありませんよ。

posted by ハチ at 22:22| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建合格へ向けて5

5人に1人の割合で専任の取引主任者を置かなければなりません。
年一回行なわれる試験に合格したもので登録を受ける場合に
1、宅地建物取引業に係る営業に関し成年者と同一の能力を
  有しない未成年者
2、成年被後見人又は被保佐人
3、破産者で復権を得ない者
4、免許を取り消され取り消しの日から5年を経過しない者
5、免許の取り消し処分の聴聞の期日及び場所が公示された
  日から当該処分をする日又は当該処分をしないことを
  決定する日までに十一条第一項第五号の届出があった者で
  届出の日から5年を経過しない者
6、第五条第一項第二号の三に該当する者
7、禁錮以上の刑に処せられその刑の執行を終わり又は執行を
  受ける事がなくなった日から5年を経過しない者
8、宅建業法及び暴力団に関する法律に違反し罰金の刑に
  処せられ刑の執行を終わり又は受ける事がなくなった日から
  5年を経過しない者
9、登録消除の処分を受け処分の日から5年を経過しない者
10登録消除の処分の聴聞の期日及び場所が公示された日から
  当該処分をする日又は当該処分をしないことを決定する日
  までに登録の消除の申請をした者で登録が消除された日から
  5年を経過しない者
11事務禁止の処分を受け禁止期間中に第二十二条第一号の
  規定により登録が消除されまだその期間が満了しない者
上記いずれかに該当する場合は登録を受ける事が出来ません。
登録を受け主任者証の交付を受ければ業務を行う事が出来ます。
主任者証の有効期限は5年
取引の関係者から請求があった時は取引主任者証を
提示しなければならないといったところですか。
5と言う数字は絶対覚えておいて下さいね。(結構出てきます)
posted by ハチ at 21:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。