2005年03月13日

CEOへの道 序章

会社組織の中でCEOと呼ばれる立場のひとがいる。
「chief executive officer」の略で日本語に直すと
最高経営責任者という意味だ。

日本企業においては代表取締役社長(会長)が経営における責任者とされており
CEO制度を採り入れているのは一部の有名企業(例えば日産のゴーン氏)のみである

アメリカ企業では主流であり最近は日本企業も増えてきている。
代表取締役兼CEOといった感じだ。

とは言うものの大半の人はサラリーマン(給与所得者)のままであり限られた人のみが
役員(取締役)になれて、役員になれなければ代表取締役にはなれません。
かく言う自分もただのサラリーマンにすぎない。

ではどうすれば代表取締役・CEOになる事ができるのか?

独立し自分で会社を興せば良いではないか。(道のりは険しいが)
目標は大きい方がいいと思う。たとえ叶わないとしても
向上心は人を成長させるものだから・・・

起業を目指す日々の過程を書いていく





 
posted by ハチ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2403201

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。