2005年04月03日

宅建合格へ向けて3

土地建物の権利関係,法令上の制限,宅建業法で全体の
約8割が出題される。この3分野を十分に勉強すれば
合格点を取ることも可能である。

中でも特に重要なのは宅建業法。一番多く問題が出題され
条文も少ないので覚えやすい。逆に言えば取りこぼす様なら
合格なんてありえないと言ってもいいぐらい。

実際に実務についても常に付きまとう法律なので
宅建業法から勉強を始めたほうがいいかもしれません。
(民法関係は難しいから挫折する可能性がある)

次回は宅建業法の内容について
posted by ハチ at 22:27| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅建 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。